自馬預託

オーナーが大切な愛馬を安心して預けられる。それは馬のメンタルと健康を何よりも大切に、探求し続けているから。オーナーが大切な愛馬を安心して預けられる。それは馬のメンタルと健康を何よりも大切に、探求し続けているから。

馬の調教
目的に応じた調教

馬の年齢や習熟度、オーナーの目的など、その馬に合わせた細やかな調教を最も得意とする、岡本雅海。
試合に向けてのトレーニングから、若馬の馴致、健康状態に応じたリハビリテーション、高齢馬の健康維持まで、幅広く行います。
岡本ライディングでは、当クラブで生まれた仔馬から最高齢28歳の馬まで、それぞれに合わせて管理・トレーニングしています。

放牧
メンタルケアも万全

どんなトレーニングも、馬がハッピーでポジティブであることから始まります。馬の習性や考え方を理解し、その馬がどうすれば前向きに日々を楽しんで健康に過ごしていけるのか、馬のメンタルを重視するからこそ、オーナーの目的にも応えてくれる、それが岡本が世界中で培ってきた考え方です。そのために、毎日の放牧をはじめとし、トレーニング内容の精査も欠かしません。

馬のケア
馬を大切に育てている安心感

専属の獣医を複数抱え、夜間スタッフも常駐していますので、馬の健康や安全には万全な環境で対応しています。
日々の管理や適切なトレーニングは健康維持上、不可欠ですが、オーナーが長く愛馬と付き合っていけるように、どんなに小さな変化も見逃さないよう、岡本自身が細かく管理を行っており、安心して預託いただけます。

私の馬は事故で視力にハンディキャップを持ち岡本に来たけれど、丁寧に時間をかけて調教してもらったおかげで、片目でも自信を持って障害を跳ぶようになった。 ちなみに、両目が見えていた頃はキャバレッティすら跨げなかったのですが(笑)
もう一頭の自馬も、北海道まで輸送して、様々な獣医30人以上に診察を受けてもわからなかった原因不明のハコウ(常歩ですら首を振って歩いていたほど酷かった)を、筋肉の使い方、体のバランスを変えることで補完し、今では130cmの障害を軽々と跳べるまでになった。
自馬の状態に悩んでる人には全力でここをオススメしています。
ストレスのない環境と、馬のマインドを深く理解しているからこその調教には全幅の信頼を置いている。
私の馬は海外から輸入しましたが、向こうで素晴らしい成績を収めたクオリティの馬だったからこそ、小柄な女性の私には、最初は力が強すぎて大変でした。でも岡本さんが調教した今は、他のどの子よりも楽に安心して乗れています。馬の健康管理もメンタルケアも細やかで、獣医さんにお世話になる機会もあまりなく、馬が常に健康で前向きでいてくれるのが何よりも嬉しいです。
私は岡本さんと出会い、初めて馬を持つことを決断できました。
実力・性格・健康面、すべてが素晴らしいクオリティーの馬を持てましたし、その馬に合った調教を常に工夫し、そして細かく健康管理もしてくれているので、非常に安心感があります。特に、健康面は、少しでも不安の兆候があるだけで、すぐに対処してくれるので大事に至りません。競技会でも着実に結果を積み重ねられており、自馬の楽しい面ばかりを味わえて本当に幸せです。レッスンはもちろん厳しい時もありますが、悩みにもとことん付き合ってくれるので、コーチとしてとても信頼しています。

料金

正会員様のみ、お申し込みいただけます。

入厩料 200,000円 入厩時にお支払いいただきます
預託料(1ヶ月) 125,000円 飼育管理費、馬房使用料、敷料、基礎飼料代 
※獣医代、装蹄費は別途
調教料、運動料 0円 岡本ライディングクラブは、お客様の大事な愛馬をご預託いただくことは、馬にとってベストな環境を作ることと考えておりますので、調教料と運動料はいただきません
自馬騎乗料 0円  
自馬騎乗レッスン料 5,000円 1レッスン 30分
ご予約・お問い合わせ
ページの先頭へ